社会人やってます。亀更新。
http://xiangye.blog78.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
いやいやいや、それくらい知ってんだろ!
2011-07-29 Fri 07:12
 今朝もいつものようにNHKの「TVで中国語」を見ていました(月曜も見ましたが)。

 今年度の中国語はビジネスでの使用に重点を置いた構成になっていまして、今週のVTRには49歳のサラリーマンが出てきました。
 その人は上海支店の支社長で、3年間駐在しており「実践で中国語を身に付けた努力家」と紹介されていて、取引先の社長さんを接待する話でした。

 でも3年間駐在していた努力家とは思えないダメっぷりに突っ込まざるを得なくなった。
 あと好い加減生徒役の発音にも耐えきれなくなった。



 以下ネタバレとか。辛口&無駄にテンション高いので注意。

 態々3年間も駐在していて、「接待は初めてだ」「余り詳しくない」とか……ぶっちゃけあり得ないだろ!!
 日本の新入社員だって3年目で「詳しくない」だの「自信が無い」だのあっても、「初めて」だの「全く知らない」なんて無いわ!
 況してや支社長になるくらいの人なんだから、必ず出てるし経験してるだろ!
 仮にホストは初めてにしても、今までゲストとして出たとか、勉強するとか予め人に聞いて学んでおくとか!! そういう事あるだろ!!

 っていうかそもそも「接待する側がマナーを知らない」って根本的にアウトじゃね?

 一緒に中国人の部下達もいますが、彼等はまだ20代だからギリセーフ?
 でも上座(奥の一番豪華なナプキンが飾ってある席)に座っちゃうとかコイツもアレだ。
 本来なら上司が窘める筈なんだけど無理だしな;
 下っ端は扉から一番近い席ってのは日本では常識なんですよ!





 ……まぁ、そういったそもそもの疑問点はとりあえず置いといて。
 もっと問い詰めてやりたいけど開始数分のままで進まなくなるからね!



 ゲスト到着→着席→注文……までは問題無し。

支社長:「冷たいビールを頼む」
店員(兼アドバイザー):「中国人は冷たいビールを飲みません。普通は常温のを飲みます」
支社長::「そうなのか!?」

 何で3年間もいてそんな事知らないの!!!?
 基礎知識だろぉぉぉぉおお!!!!!!

 留学歴数ヶ月(学習歴は6年)の私だって知ってるぞ!! 本にだって載ってるし、留学してない人だって知ってたぞ!!
 ついでに言うと去年の「TVで中国語」でも放送されてたよ!! フービンさんが上海のレストラン(?)でビール飲んでる人にインタビューしてたよ!

 何コイツ、3年間何して過ごしてたの? 中国や中国人について何も学ばず、何も調べず考えもせず居ただけなの!!?
 よくそんなんで支社長になんかなれたよなー。



 ※中国人は余り冷たい物を飲みません。冷たい飲み物は体に悪いと考えられている為です。
  だから夏でも暑くても温かいお茶。
  スーパーとか小売店に行くと冷蔵庫には入れずにただ棚に並べられているだけの事もよくあります。
  ただ食生活の変遷に伴って、若い人は冷たい物も飲みます。「お茶しか飲まない」は大分年上の世代。
  食堂でジュース頼むとちゃんと冷えたのを持ってきてもらえます。



 ……でもこの店もよく冷えてないビールなんか用意してたよなー。
 自分が留学行ってた時はビール殆ど冷えてた気がします(たまにまだ冷えてない温いのが混じってはいたそうですが)。
 偶々そういう店だったのか自分達が日本人だからなのか、ちゃんと冷えているのを頼んだのか天津ではそれが当たり前だったのかは、自分は酒飲まないし飲めないので分かりません←





 去年生徒役やってた山本さんより、確かに今年の生徒役の発音の方が上手い。
 山本さんより肩に力が入ってなくて自然な感じはする。

 でも「yu」の発音が下手。「ふざけてんのか?」ってTV見ててイラッとするレベルでおかしい。
 特に「漢語(Hanyu)」って言ってる時が酷い。
 「ハンニュー」って聞こえる。

 「ニュー」でも「ユー」でもないんだよ! 「イィ」とか「ィゥ」みたいな感じなんだよ!(中国語はカタカナで表しにくい;)
 「ユー」なんて発音は中国語には存在しないんだよ!!(落ち着け)



 「先生早く直してやれ!」っていつも思うんですが、先生の発音も聞きようによっては「ユー」っぽく聞こえるからなぁ……。

 というか、陳先生採点甘過ぎ。
 「yu」は勿論ですが、結構声調も「ん?」な時あるのに余り直さない。自分としては2~3あっても、先生が指摘するの1つだけとか(勿論逆もありますが)。
 去年の荒川先生と比べると(生徒の上手下手を除いても)荒川先生はかなり厳密でした。

 単に外国人とネイティブの違いなのか、性格なのか……(後者?)。
 どちらかっていうと陳先生→外国語講師(伝わればOK)、荒川先生→言語研究者(言語としての精確さ)、なのかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 中国話 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<とりあえずダダ漏ってみる。 | *像雪一様 只是安静地堆積起来* | 金銀銅鉄。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| *像雪一様 只是安静地堆積起来* |

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。