社会人やってます。亀更新。
http://xiangye.blog78.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
今年度も目が離せない。……頑張って見るよ。
2010-03-30 Tue 14:57
 昨日は眠かったけど頑張って起きて、NHKの「TVで中国語」を見ました。
 NHKのTVで外国語シリーズ、今週から新年度がスタートするんですね!
 講師は同じく荒川清秀先生が担当ですが、アシスタント(?)が中国人の鶯(イン)さんと燕(イェン)さんの双子美人姉妹ww
 生徒が山本太郎さんでした!

 テーマ曲がジャー・パンファンさん!!
 先日友人からその人のアルバムを借りたばかりなので嬉しかったです!
 ジャー・パンファンさんは二胡の奏者で、金城武さんの出演していたチャン・イーモウ監督の「Lovers」のテーマソングを作曲された方、というと分かる方いらっしゃいますかね?
 日本でもアルバムが何枚か出てます。



 以下「TVで中国語」とその後の「TVでイタリア語」。




 冒頭で山田さんが登場し、鶯さんが対応して「日本的客人来了ー!」と燕さんを呼んだ時、自分は画面から目を離していまして。
 で、「日本人のお客さんが来たってさ」、と、聞こえた言葉をボソッと呟きました。

母:「香夜当たってるよ! お前もこれぐらい聞き取れるんだねぇ」
私:「……それくらいは聞き取れるし訳せるよ」

 っていうかさ、本当……一応私、これでも4ヶ月と1ヶ月、中国に留学してんだよ?
 なのにそんな初級レベル聞き取れもしないってんなら、何十万も払って行った意味無いじゃん!!

 「TVで中国語」が始まる前にも、「先週は虻ちゃん達が出て中国行ってたけど、お前はあれよりもうちょっと出来んの?」って聞かれました
 「あれよりもうちょっと」所か、「あれ以上」は普通に話せるし聞き取れますよ!
 何年勉強してきてると思ってんのさ! あの2人は1年目ですが、自分はもう5年目ですよ!!?
 単語出て来ない事もあるけど、日常会話くらいは問題なく出来ますよ! 見くびらんで欲しいよなぁ~。
 留年するレベルのバカだけど、勉強は出来るし好きなものに関する情熱は溢れる程あるんだからさー。



 今年は北京が主な舞台?
 日本語を授業に取り入れた北京の小学校の話をしていました。
 流暢に日本語を話し、自己紹介まで出来るのはすごい! まだ小学生なのに……。

 あと些細な事かもしれないのですが、自己紹介の最中、つっかえた時に「あの……」って児童が言ってたのが驚きでした。
 英語でも何でも良いのですが、「外国語で自己紹介しろ」って言われ、つっかえた時にその国の言葉で「あの……」って言える人ってどれくらいいるんだろう、と思いまして。
 英語だと「well」、中国語だと「哪个」……でしたっけ?



 胡兵さんが出演していらして、妹に「この人『遙かなる大地』(だっけ?)に出てたよね」って言ったら「何ソレ」って言われました……。
 あと「この人かっこいい」って言ったら「すごいよく分かるよ」って……。
 妹に好みを把握され過ぎて哀しいですorz





 次にイタリア語。
 ……の前に「ユーロ24」とかで、今年度のイタリア語・ドイツ語・フランス語・スペイン語は連動して、各国へ短期留学をする、という設定で全て同じフレーズをやるそうです。それはなんて面白いww
 結構ヨーロッパ圏は各国の言語がリンクしてい部分もあるので、同時に学べば単語や発音が違う部分はあれど、語順等は覚えやすくなるかもしれません。

 明治時代の偉人は英語やドイツ語、更に漢詩文を嗜んでいたので中国語の読み書きは出来たであろう、と考えるとバイリンガル所か正にトライリンガル。
 そういう点は非常に素晴らしいと思うので、「自分は○○語が出来るから良いや」というのではなく、色んな言語を覚えて、せめて自己紹介とか日常会話くらいは出来るようになりたいと思っています。
 とりあえずドイツ語と韓国語、かな?
 ドイツ語は英語に似ているのでまだ覚えやすいと聞きますし、ドイツ自体に興味もあるので。韓国語は言うまでも無く、東アジア圏だからです。

 妹が漸く某短大のスペイン語学科に合格したので、「お前もスペイン語の奴見ようぜ!」って言ってます。
 あと妹曰く、「弟が中国語に興味を持っている」だそうです。
 教材には困らないよww

 っていうか我が家は私が毎週中国語を見ていて、母親や妹も一緒に見て発音練習していたりするので、素養はある訳なんですよね……。



 で、やっと本編の話。
 イタリア人の男性2人が登場ー。
 坊主頭の人カッコイイ!! やっぱりラテン系って鼻が高いな~(着眼点違う)。
 自己紹介してました。長髪で眼鏡の人がレオナルドでレオさん。坊主頭のお兄さんがルカさんだそうです。
 っていうか何でイタリア人の名字って読みにくいの……?

 現地レポートにチラッと現れる黒猫と白猫。
 黒猫がダンテで白猫がベアトリーチェだそうです。イタリアっていうかトスカナですよねww(トスカナ語で書かれたダンテの『神曲』には、ベアトリーチェという女性が出てくる)

 街の中心となる大きな教会はDuomo(ドゥオーモ)と言う。
 フィレンツェはローマ神話に出てくる花の女神Flora(フローラ)から来ているらしい。
 「Mi chiamo ~」(ミ キアーモ ~)で自己紹介、と。
 ……今は覚えてられても、これを来週まで忘れずにいられるかどうかが大問題(汗)。

 イタリア人の男性陣かっこよ過ぎますね。あとテンション高いwww
 ヘタリアでドイツがイタリアを「手足押さえると死んでしまうから気を付けろ」って評してたのも頷けます(え)。





 イケメン男性陣を見たいが為に、外国語楽しみに頑張って見ます。
 ……少しは成果が出せるようにしよう。うん。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 中国話 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<「さよならだけが人生」だなんて、そんな事ないよ。 | *像雪一様 只是安静地堆積起来* | 無理って言われてもやりたい。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| *像雪一様 只是安静地堆積起来* |

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。