社会人やってます。亀更新。
http://xiangye.blog78.fc2.com/
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告  
HSKが新しくなったようです。
2010-05-04 Tue 20:20
 「HSK」っていきなり言われて何だか分かった方はお友達nになって下s……!(自重)



 昨日……だっけ?(いきなりうろ覚え;) 案内が来ていて知りました。
 生協の購買にもポスターが貼ってありましたが、昼時でチラッとしか見てませんでした。普通に試験日の案内かと思いきや、級が色々と変わったらしいです。



 ちなみに「HSK」とは、正式名称「漢語水平考試」の事です。
 「Hanyu Shuiping Kaoshi」の頭文字を取って「HSK」
 中国語の検定試験の一つです。



 日本には「中国語検定」ってのもあるんですが、大きく違うのは……

*「中国語検定」→「日本中国語検定協会」が主催=日本国内の検定=主に日本国内で通用。
*「HSK」「中国国家漢語水平考試委員会」が主催→中国政府主催中国政府認定=中国を始め諸外国に通用する、中国の大学や企業への留学・就業に際しての指標とされる。謳い文句は「唯一の世界標準中国語テスト」だそうです。

 ある程度例外はありますが、ざっとこんな感じ。
 一応日本の大学から中国の大学に留学する時(交換留学生等)は中国語検定も基準の一つとしてカウントされます(少なくとも月村の大学はそうです)。



 試験は両方とも基本マークシート(4~5択でしたか)。試験によっては穴埋めや作文もあります。
 当然(?)リスニングもあります。
 筆記、リスニング共に基準点を超えないと合格できない、って点では2つとも同じ。

 中国語検定とHSKで大きく違うのは、中国語検定は筆記、リスニング共に問題文に日本語がある、というのに対して、HSKは全て中国語って事でしょうか。
 試験の注意事項(持ち物や試験時間等)も勿論全て中国語。

 後旧HSKは試験が「聴力(リスニング)」、「語法」、「閲読(読解)」「総合」の4つに分かれていて、それぞれの基準点をクリアしないとやっぱり級は貰えません。厳しい;
 それと中国語検定は1級が一番上で準1級、2級、3級、4級と下がっていきますが、HSKは逆です。
 11級が一番上で、10級、9級……と下がっていき、1級が一番下です。そこ注意。
 基礎、初中等、上等の3等級があって、1~2級が基礎、3~8級が初中等(3~5級が初等、6~8級が中等)、9~11級が高等に当たります。

 そして中国語検定は級毎に申し込んで試験を受けます(3級に申し込んで3級の試験を受ける、というような)が、旧HSKは試験を受けて、その点数に応じた級が貰えます。
 例えば初中等の試験を受けて、「聴力」が4級、「語法」が5級、「閲読」が6級に相当する得点だったとしても、「総合」が3級レベルの点数であれば3級しか貰えません。すごく厳しい;;



 まぁそんな鬼畜なHSKですが、タイトルの通りそれが一新されるようです。
 具体的に言うと前述の等級がガラッと変わるそうです。……ので上記の説明は「以前はこんなもんだったんだ」くらいの認識に留めておいて下さい。

 先ず新HSKの等級は1~6級があり、やはり1級が基礎で6級が高等、とそこは変わっておりません。
 ですが1~3級が新設された等級で、以前の基礎レベルよりも前段階の等級だそうです。

 1級が「150語程度の基礎常用中国語及びそれに相応する文法知識」って「それ1年生レベルで取れるんじゃね?」って感じですね。真面目に1年間NHKの「TVで中国語」見てる人とか行けるんじゃないかと。
 で2級が300語相当3級が600語相当と……。
 詳細はHSKのHP見てもらった方が早いと思いますが(試験の問題例も載ってるし)、1、2級は聴力、筆記試験の2つで、試験時間も1時間ないんですね。それぞれ100点満点、総合200点で120点以上が合格ライン、と。
 3級からは書写試験が追加され、時間も90分(3級)、300点満点で180点以上が合格ラインだそうです。

 旧HSKの基礎1~2級が新HSKの4級に当たり、初中等3~8級が5級、高等9~11級が6級になるそうです。スゲェアバウトな括りだな……(ゴクリ)。

 6級の書写試験すごいぞ。 「1000字程度の術文を10分間で読み、それから35分間以内に400字程度に要約する。」って……!!
 まぁ6級が高等と思えば、ほぼネイティブとか長期留学経験者とか、中国で普通に就業できるレベルって事なんですが……自分にはまだまだ無理そうですorz ってか日本語でも嫌だ←

 そんな月村は旧HSKだと「聴力」:4級、「語法」:4級、「閲読」:7級、「総合」:6級の4級者です(2008年10月)。
 意訳が得意なので閲読だけ飛び抜けてます; 英語もそんなんだったな。
 新HSKだと5級レベル? 下がってないと良いな……!!



 試験の日程も案内にあったのですが、6月20日(日)は公務員試験の1週間前なので遠慮します。
 流石に中国語の勉強と公務員試験を並行出来る程器用じゃないからさ……!
 ってか確実に中国語の方に比重が;

 東京だと9月5日(日)10月17日(日)11月14日(日)12月12日(日)9月以降は毎月受けられるんですね(あと大阪)。
 あ、でも10月と12月は筆記のみ!!?

 ん~~……自分の就活の進行状況にも依りますが、どれか1回くらいは受けたいです。
関連記事
スポンサーサイト
別窓 | 中国話 | コメント:0 | トラックバック:0 
<<「鯉魚志如登竜門」 | *像雪一様 只是安静地堆積起来* | 漢字を別の観点からアプローチしてみよう。>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック
| *像雪一様 只是安静地堆積起来* |

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。